ユニクロのカタログその2

ハイアールマーケティングサービスのCI

PARADISOの展示会演出

JUN企業広告

arenaブランディング

数字では把握できないメディアの強さ

三井不動産ブランドブックコンセプト篇&実践篇

le coq sportif原宿店サイクリングキャンペーン

きょうの出来事オープニング

デザインを核とした腕時計開発。

le coq sportifリブランディング

商品開発は居場所探し

僕たちはいろんなことを考えてきました。 クルマやバイクの未来から、化粧品ブランドの商品構成、 ショップづくりから、ブランドのキーアイテム、 デビューや売り出し、話題作りなどなど。

ナカミがなければはじまらない

Pentax K200Dデビューキャンペーン

Motion 3D ネーミング&機能ロゴ

スペックをストーリーにする

商品であれサービスであれ、 まずは、自分に関係あると感じてもらわないと、 コミュニケーションがなにもはじまらない。 オタクな人はスペックだけで豊かな会話ができる。 スペックから自分なりのストーリーをどんどん紡いでいる。 固有名詞やジャーゴン(専門用語)だらけの、 興味ない人からは意味不明な会話。 彼女、彼らに必要なのはトピックになるスペック!

商品開発のよろこび

G-SHOCK BRICsに向けた戦略DVD

好きじゃない人がサービスをつくると嫌われる。

ユーザーのことを考えて、便利にしようと設計したのに、実は琴線を逆撫でするようなサイトがあんがい多い。

ユナイテッドシネマ豊洲オープニング

シャープのソーラー総合サイト

ブランドブックは眼鏡だと思う。

沖縄電力『セイカツをカエル』キャンペーン

ブランドは期待でできている

資生堂UNOサイト

インターフェイス考2あの本のあのあたりを電書にも

編修する、企画を考える、結局のところすべては引用の織物ではないかと思う。で、そのもとになるのが、あの本のあのあたりってことなんだけど、どうもそれが電子書籍ではうまくいかない。これは僕だけではないのではないだろうか?

ブリヂストンゴルフPARADISOリブランディング

商品は、最強のコミュニケーションツールだと思う。

日本独創(トヨタ自動車コンセプトブック)

開発陣、デザイナーに向けたコンセプトブック。社外秘なので、内容は紹介できませんが、コトバとビジュアルとが、つかず離れず、刺激し合い、イメージが拡がる、そんな編修を目指しました。写真に添えるコトバを一部ギョウカイではエトキといい、絵解き本来(仏教!)のおもしろを失っていますが、キャプションなどディティールまで凝ったコンセプトブックです。

好きな人に好かれることの大切さ。

「本って、買う人と買わない人との差が大きいアイテムだと思われる。」と書いて、ホントかいなと不安になったので検証してみた。

← Older

FolioGrid - Premium Wordpress Themes by FrogsThemes.com

Subscribe Scroll to Top