商品は、最強のコミュニケーションツールだと思う。

トヨタバリューとレクサスプロダクト

arenaブランディング

le coq sportifサイクリングフェア

『猫とくらす』出版を核としたキャンペーン

ブログを核にしたコーポレイトサイトの構築ブリヂストンスポーツアリーナ

Motion 3D ネーミング&機能ロゴ

きょうの出来事オープニング

le coq sportifリブランディング

バナーって

右手にある楽天トラベルのバナー、かなり好きなんだけど、実際の効果はどうなんだろう?

ハイアールマーケティングサービスのCI

オムニチャネルはブランドの未来像を設計すること

スペックをストーリーにする

商品であれサービスであれ、 まずは、自分に関係あると感じてもらわないと、 コミュニケーションがなにもはじまらない。 オタクな人はスペックだけで豊かな会話ができる。 スペックから自分なりのストーリーをどんどん紡いでいる。 固有名詞やジャーゴン(専門用語)だらけの、 興味ない人からは意味不明な会話。 彼女、彼らに必要なのはトピックになるスペック!

インターフェイス考2あの本のあのあたりを電書にも

編修する、企画を考える、結局のところすべては引用の織物ではないかと思う。で、そのもとになるのが、あの本のあのあたりってことなんだけど、どうもそれが電子書籍ではうまくいかない。これは僕だけではないのではないだろうか?

ブランドは期待でできている

ユニクロのカタログその3物撮りのチカラ

ウエラのサロン向けシリーズの日本語化

アイデンティティ、シンボル、ロゴ

シンボル、ロゴをつくるときに、 といっても、ADの方といっしょにつくっていくのですが、 ひとまず判断基準にしているのは、 アパレルとまったく関係のない業種、ブランドであっても、 白地のTシャツに、プリントして、売れるのか? だったりします。

le coq sportif アジア共通ビジュアル

Shebaキャンペーンサイト企画運営

セイコーDEUAデビューコミュニケーション

PARADISOの展示会演出

Nokia6630のスペシャルサイト

商品開発のよろこび

ローリングストーンズTeeシャツ

Vodafone 702NK(Nokia6630)店頭ツール

三井不動産ブランドブックコンセプト篇&実践篇

G-SHOCK BRICsに向けた戦略DVD

商品開発は居場所探し

僕たちはいろんなことを考えてきました。 クルマやバイクの未来から、化粧品ブランドの商品構成、 ショップづくりから、ブランドのキーアイテム、 デビューや売り出し、話題作りなどなど。

ブランドブックは眼鏡だと思う。

← Older

FolioGrid - Premium Wordpress Themes by FrogsThemes.com

Subscribe Scroll to Top